• ホーム
  • 趾間型水虫は抗真菌薬を浸透させる事が大事

趾間型水虫は抗真菌薬を浸透させる事が大事

足の指と指の間が猛烈に痒い、また皮膚がジュクジュクと皮がめくれてしまうという症状が出た場合、水虫の恐れがあります。
このようなタイプの水虫を趾間型といい、梅雨から夏場にかけて増えるのが特徴です。

かなり強い痒みを感じるケースが多く、他の水虫タイプとは違い、臭いもきつくなるので悩んでいる方も少なくありません。
水虫は白癬菌というカビの1種に、感染する事で起こる皮膚感染症の1つです。
他人に白癬菌を移してしまう事から、なるべくなら誰にも知られたくないものです。

趾間型を発症したら、他の人に感染させない為にも、早めに水虫の治療を受けましょう。
趾間型の治療では、主に外用薬が用いられます。
抗真菌作用のある外用薬を塗る事で、白癬菌を死滅させます。

ただ、正しい塗り方を行わないと、白癬菌を完全に死滅させる事ができず、また水虫が再発してしまう恐れもあるので注意しましょう。

趾間型の場合は、抗真菌薬をしっかり浸透させる事が大切です。
白癬菌は皮膚の表面だけでなく、中にも入りこんでいます。
ですので、有効成分をしっかり浸透させる必要があるのです。

お風呂上り、角質が柔らかくなっている所に抗真菌薬を塗れば、より浸透性はアップします。
この時、水分が十分に拭き取れていないと、白癬菌が増殖しやすくなるので、お風呂上りは水分を丁寧に拭き取る事が大切です。

また、抗真菌薬を塗る場合、痒みがあるなど患部だけに塗ってしまいがちです。
趾間型は症状が出ている所はもちろん、症状が出ていない他の指にも抗真菌薬を塗りましょう。

白癬菌は症状が出ていない所にも、潜んでいます。
患部だけに塗っていても、白癬菌を撲滅する事はできません。
全ての指の間、そして付け根に外用薬を塗る事がお勧めです。

関連記事
水虫と医療保険について 2019年11月26日

日本国民であれば、誰でも保険に入れるようになっています。そのような点から見れば、日本は最高の福祉国家とでも言えるでしょう。また高い水準の医療を受けることができるのも日本の特徴です。国民皆保険と高い水準にある医療こそは日本の最大の魅力になります。医療_保険について少し考えてみましょう。TPPが大幅合意...

白癬菌を自宅で除菌~早めに抗真菌薬で治療しよう~ 2019年10月30日

家族に水虫になっている方がいると、自宅の掃除をどうすれば良いか悩んでしまう方も、多いのではないでしょうか。水虫はカビの1種、白癬菌に感染する事で起こる、皮膚感染症です。足の裏や指の間に、強い痒みが出たり皮膚がめくれる、また場合によっては水疱ができるといった症状が現れます。見た目的にはもちろん、水虫に...

抗真菌薬やリポバスは医師に相談して使用することが大事 2019年09月07日

水虫やカンジダなどを治療する時によく使われるのが、抗真菌薬です。抗真菌薬には、内服薬、外用薬などがあります。外用の抗真菌剤は、カビの細胞膜の合成を阻害することで効果を発揮します。抗真菌薬は、使用してから2週間から3週間ほどすると症状が改善するケースが多いです。しかし、角質層の深い部分にある菌が完全に...

ジュクジュクの足の皮でも治る可能性のある抗真菌薬 2019年08月23日

抗真菌薬は水虫に効果のある成分が配合された薬で、市販薬にも配合されています。市販されている抗真菌薬は、軟膏やクリーム、液状など様々な種類がありますが、水虫の状態によっては薬の形状が治るかどうかに大きく関わってきます。水虫は痒いイメージが先行してしまい、皮膚がどのようになるかをすぐにイメージできる人は...

抗真菌剤の新薬としての特許期間は10年です 2019年07月29日

抗真菌剤、いわゆる水虫は、1日1回使用するのがほとんどで、患部は足や手の指、稀に爪白癬と呼ばれる爪の中にできる抗真菌もいます。水虫は春から夏にかけてが多く、現在では暖房設備の影響もあって1年中発症することもめずらしくなくなりました。発症の世代はさまざまです。水虫薬は市販でもありますが、専門の医療機関...