• ホーム
  • 海洋天然物ヘロミナド類の抗真菌作用

海洋天然物ヘロミナド類の抗真菌作用

綺麗な女性の足

海洋由来の微生物が作り出すヘロナミドという低分子化合物が、細胞膜脂質を標的にして抗真菌活性を示すことを、京都大学の研究グループが解明しました。
これにより、新しい創薬標的の提案が期待できます。

まず、抗真菌薬とは何なのかについてです。
真菌は、細菌よりも大きく、高等な生物です。
代表的な例としては「カビ」「キノコ」が挙げられます。
こういった真菌の中には、人間の体に対して悪さをするものが存在します。
真菌による感染症を真菌症と呼び、有名な例としては「水虫」が挙げられます。

細菌と真菌には構造の違いもあります。
細菌は、DNAが細胞内に何の仕切りもなく入っています。
一方の真菌は、核というDNAなどの遺伝情報を包む膜があります。

では、ヒトと真菌の細胞にはどんな違いがあるのでしょうか。
それは、細胞膜を構成する成分です。
ヒトの細胞膜は「コレステロール」によって構成されています。
一方、真菌の細胞膜は「エルゴステロール」という物質から構成されています。
それから、ヒトの細胞には細胞壁がないのに対し、真菌には細胞壁があるという違いもあります。
この違いが重要なのです。
というのも、抗真菌薬の創出を行うにあたっては、この細胞膜成分の違いや細胞壁の有無を利用することが多いからです。

手術後の患者さん、抗がん剤を投与されている患者さんというのは、どうしても免疫力が低下してしまいます。
当然、真菌症に罹る可能性が高まります。そのため医療現場においては、古くから抗真菌剤が使われています。
しかしながら、新薬を作り出すのが容易ではないため、耐性菌の発生が課題になっています。
今回の京大グループの研究では、放線菌という微生物が産出するヘロナミドCと8-デオキシヘロナミドCという化合物が特定の膜脂質を認識することを明らかにしました。
この化合物により、細胞壁異常が引き起こされます。これが新たな抗真菌薬の創出に繋がる可能性があります。

関連記事
白癬菌を自宅で除菌~早めに抗真菌薬で治療しよう~ 2019年10月30日

家族に水虫になっている方がいると、自宅の掃除をどうすれば良いか悩んでしまう方も、多いのではないでしょうか。水虫はカビの1種、白癬菌に感染する事で起こる、皮膚感染症です。足の裏や指の間に、強い痒みが出たり皮膚がめくれる、また場合によっては水疱ができるといった症状が現れます。見た目的にはもちろん、水虫に...

趾間型水虫は抗真菌薬を浸透させる事が大事 2019年10月02日

足の指と指の間が猛烈に痒い、また皮膚がジュクジュクと皮がめくれてしまうという症状が出た場合、水虫の恐れがあります。このようなタイプの水虫を趾間型といい、梅雨から夏場にかけて増えるのが特徴です。かなり強い痒みを感じるケースが多く、他の水虫タイプとは違い、臭いもきつくなるので悩んでいる方も少なくありませ...

抗真菌薬やリポバスは医師に相談して使用することが大事 2019年09月07日

水虫やカンジダなどを治療する時によく使われるのが、抗真菌薬です。抗真菌薬には、内服薬、外用薬などがあります。外用の抗真菌剤は、カビの細胞膜の合成を阻害することで効果を発揮します。抗真菌薬は、使用してから2週間から3週間ほどすると症状が改善するケースが多いです。しかし、角質層の深い部分にある菌が完全に...

ジュクジュクの足の皮でも治る可能性のある抗真菌薬 2019年08月23日

抗真菌薬は水虫に効果のある成分が配合された薬で、市販薬にも配合されています。市販されている抗真菌薬は、軟膏やクリーム、液状など様々な種類がありますが、水虫の状態によっては薬の形状が治るかどうかに大きく関わってきます。水虫は痒いイメージが先行してしまい、皮膚がどのようになるかをすぐにイメージできる人は...

抗真菌剤の新薬としての特許期間は10年です 2019年07月29日

抗真菌剤、いわゆる水虫は、1日1回使用するのがほとんどで、患部は足や手の指、稀に爪白癬と呼ばれる爪の中にできる抗真菌もいます。水虫は春から夏にかけてが多く、現在では暖房設備の影響もあって1年中発症することもめずらしくなくなりました。発症の世代はさまざまです。水虫薬は市販でもありますが、専門の医療機関...